キャッシングの利用が家族にバレる主な例を3つ紹介

キャッシングは出来るだけ家族にバレたくないもの。キャッシングを利用した時にバレない方法がないのか気になりませんか。いったいどんな理由で家族にバレてしまうのか?是非参考にしてみてくださいね。

 

キャッシングが家族にバレる例@「郵便物」

消費者金融から利用した際に明細書が送られてきます。とはいっても封書の表書きは消費者金融とわからないような名前になっています。中を見られてしまうとバレてしまいますが、封書を見ただけでは判断できません。心配な人は消費者金融によって郵送物を止めることが出来ます。利用明細はインターネットから見ることが出来ますので安心してくださいね。ただし、返済延滞などで送られてくる督促状などは必ず自宅に送られてきますので、くれぐれも支払いの遅延は起こさないようにしてくださいね。

 

キャッシングが家族にバレる例A「電話」

消費者金融より連絡事項があり、電話がかかってくる場合があります。基本は個人情報保護の為に家族であっても他の人に情報を教えることはありません。基本は携帯にかかってきますし、お申込みの段階で固定電話なしにチェックをつけておくのをおすすめします。

 

キャッシングが家族にバレる例B「見られる」

消費者金融に入っていくのを見られてしまう場合があります。出来るだけ自動引き落としなど店舗に向かわずともキャッシングを利用できるようにしておきましょう。都内ではほとんどありませんが、田舎ではご近所さんに見られてしまうなどもあるようです。

 

家族にキャッシングがバレないように出来る限りの工夫はしておきましょう。またキャッシングカードを見てバレてしまうなんてこともあります。家族が見られる場所にはカードを置かないようしましょうね。