シミが付いたら放置しないこと

服に付いたシミを確認して、水溶性だったらキッチン用の洗剤や弱アルカリ性の洗剤を使いましょう。 水溶性のシミは他のシミに比べて、比較的簡単に落とせます。 見つけたら早く対処しましょう。 シミが付いて時間が経過すると、洗剤では落とせなくなってしまいます。

油性のシミをスムーズに落とす

化粧品やペンのシミは、油性になります。 落としにくいと言われていますが、使うものを工夫すると綺麗に落とせるので大丈夫です。 油性のシミを落とす時は、メイクを落とす時に使うクレンジングオイルが活躍するので、男性もいざという時のために常備しておくと良いでしょう。

泥が付いても慌てない

水に溶けないものを、不溶性と言います。 不溶性のシミも落とし方があるので、知っておいてください。 墨や泥が、不溶性になります。 油性や水性のシミの落とし方を実行しても、不溶性のシミは綺麗になりません。 特に泥で、服が汚れてしまうことが多いので注意しましょう。

シミの原因を考えよう

水性の汚れは、キッチン用の中性洗剤や洗濯用の弱アルカリ性洗剤で落とすことができます。
早めに落とすことを心がけてください。
シミが付いてしばら放置していると、沈着してしまいます。
すると自分の力では落とせないでしょう。
シミに気が付いたら、その時点で対応すると簡単に落とせます。
放置したシミは、専門家に任せないと落ちません。
すると余計な費用が発生するので、経済的ではありませんよね。
ペンを使った後などは、服にシミが付いていないかよくチェックしましょう。

油性のシミは、クレンジングオイルや除光液が効果的だと言われています。
女性は、この2つのどちらかを常備していると思います。
1人暮らしの男性はあまり持っていないかもしれないので、シミを落とす時は急いで購入してきましょう。
どちらもコンビニでも入手できるので、すぐ買えます。
おすすめは除光液よりも、クレンジングオイルになります。
油性のシミ以外に、カレーなど様々なシミに対応していますし、余計な成分が入っていないので服を傷めることもありません。

また不溶性という種類のシミもあります。
不溶性のシミにも種類があるので、何が服に着いたのかよく見極めてください。
泥がついた場合は、まず乾かしてください、
すると固まるので、その部分を削ぎ落しましょう。
それから中性洗剤を使って汚れを落とします。
お気に入りの服を着ている時に、不注意で汚してしまうかもしれません。
しかしシミ抜きの方法を知っていると、慌てなくて済みます。

▲ TOPへ戻る